エモーショナル片手に踊りたい夜もある

生活をがんばるOLの備忘録

7/9 ライラックブルー@新宿Fu-

2019年7月9日(火)ライラックブルー(@新宿Fu-)
【出演】ルシファー吉岡/しゃもじ/茂グライダー/エル・カブキ/スーパーニュウニュウパーパーかが屋(MC)/きしたかの
【企画】エル上田(エル・カブキ)+高野(きしたかの

 ライラックブルーに来たの初めてだわ…と席に着いてから気付いた(激遅である)。そんなこんなで初めて行ってきましたライラックブルー。マセキ芸能社の月一定例ライブで、何個かある内のこの“ライラックブルー”は、「実力・人気のある所属芸人による新ネタライブ」とのこと。そうだったんだ……(情弱すぎる………)
 ふだんよく見に行っているK-PROとはまた違う客層に感じました。男女比半々ぐらいだし年齢層もわりと30代より上のほうが多い…?感じ。若い女の子があまりいないのがなんだか不思議だった。吉本はやっぱり制服の子とかよくいますもんね。自分もそうだったけれど…10数年も前だけれど…

オープニング
 今月のMCはかが屋。袖にいたカントリーズ・えざおさんと熱い握手を交わしてから舞台に出てきたそう。7月に入りましたね~の話からキングオブコントの話に。ちょうどこの日は予選1回戦の日で、ガクヅケがエントリーしていたそうなのですが結果は次に進めず。結果を知った船引さんは荷物をまとめてふら…と外に出て行っていかれたとのこと……賞レース時期ならではの話で芸人でもないのに胃が痛くなる
 かが屋は来月16本コントおろすライブをやります、との告知。加賀さんが「平日なんですけどみなさん来てくださいますかね…」とおそるおそる客席にうかがっていたのだけれど、もうこちら側からしたらめちゃくちゃ杞憂です安心してください………ほんとうに…………とひとり心の中で思っていた。チケット大戦争。決戦は13日土曜日10時。私は行く。席があります。(言霊)

 本日の出演者呼び込み。香盤順に紹介なのでまずはパーパーから。あいなぷぅちゃんが転んで足を怪我しているため、少し歩き方がぎこちないとのこと。電車の電光掲示板確認しながら階段降りていたらくじいてしまったらしい。色々とあいなぷぅちゃんが話しているところを上手一番端で見ていたルシファー吉岡さんがめっちゃ小声で「かわいい…」とつぶやいていたのを上手側に座っていた私は聞き逃さなかった。エル・カブキさんとかからいじられていた。
 あいなぷぅ「同い年だもんね」加賀「びっくりだよねえ~」このやりとりめちゃくちゃかわいかった…どんな流れだったかわすれているけれど…

 続いてしゃもじのおふたり。先日営業に行ってきたそう。“営業”という言葉でざわつく舞台。しゃもじのおふたり「闇ではないです明るい営業です」「光営業」光営業ってベリベスでも聞いたな…。芸人さんたちの中でトレンドワードなのか。
 営業は立憲民主党の枝野さん(!)も登壇されていたため、SPがめちゃくちゃいたらしい。そしてしゃもじのおふたりにもSPがひとりずつついたらしい。「おれらに!!?!?」とびっくりされていた。移動のたびに全体へ連絡されていたそう。なかなかない経験だろうな…

 モグライダーの紹介初っ端:ともしげ「かーがやー」加賀「ばーん!」賀屋「ちょっと、花火みたいに言わないでくださいよ~」謎のくだりに舞台も客席も困惑する。ライブ前にともしげさんが発案してかが屋のふたりと打ち合わせしていたらしい。他の人たちから「断れよこんなこと」と言われていたかが屋
 ともしげさんはカラオケのバイトがクビになったため(お客さん来ているのに寝てしまうそう)、今は草むしりのバイトをしているとのこと。9時から17時まで日給9000円。ともしげ「三つ葉のクローバーがたくさんあります」芝「三つ葉はいっぱいあるだろふつうに」
 芝さんは深キョンのインスタグラムを見ているそうです。(なぜかこれに加賀さんが「えっ…みてるんですか…」とちょっとしょんぼり?してた なんでだ)

 次いできしたかの、そしてスーパーニュウニュウの紹介へ。かが屋はいわゆるお笑い第7世代と呼ばれてるじゃないですか~の流れから、スーパーニュウニュウはザコシショウのツイッターに「ガイキチ第5世代」と括られていたと大将さん。(ちなみにザコシショウはガイキチ第3世代とのこと/本人談)この話からめちゃくちゃキチガイキチガイと舞台上にこだまし始める。
 加賀「こんなにキチガイってふつうに言っていいものなんですか」

 かが屋、エル・カブキと続いて最後はルシファー吉岡さん。先日の単独の話になり、笑いどころではない場面で笑いが起きたと少し不服を申し立てる。どうやらそれはオープニング映像とのこと。この時点で単独を見に行っていた加賀さんがニヤつきを必死に抑えていたため(あっめちゃくちゃおもしろかったんだな…)と思いました。隠し切れないおもしろさ……
 映像は実写のルシファーさんが今回のライブタイトルでもある『WAVE(波)』に乗る映像。途中からアニメーションに切り替わるという仕様に対して、単独を見に来ていた三四郎・小宮さんから「アニメになるのは生意気」との苦言が届いたらしい。きびしい。

 ネタの香盤順と勝手につけたネタタイトルは以下の通り。
パーパー「出産のお祝い」コント
②しゃもじ「音声読み上げ」コント
モグライダーお好み焼き」漫才
きしたかの「スーパーのバイト」コント
スーパーニュウニュウピノキオ」コント
かが屋「ネタバレ」コント
⑦エル・カブキ「漫才コントをやろう」漫才
ルシファー吉岡「京弁」コント
 個人的にはスーパーニュウニュウのコントが一番おもしろかったです。設定がピノキオ。あのピノキオのまんま。しかし内容がスーパーニュウニュウ安定の飛び具合でした。映像はやくあがってほしい…あれは動画で見るべきもの…というかあがるのか?(著作権的な意味で)
 周知されているであろう設定の中で、どれだけコンビとしての特色とお笑い要素を含めるかは却って難しいことだろうと思うので、あのコントはおもしろかったしすごいな…と思いました。めちゃくちゃ飛んでるけど。さすが第5世代(?)
 かが屋の新ネタ。加賀さんの表情がめちゃくちゃ味わい深かった…そして個人的に賀屋さんがカップルの彼氏役をしているときの演技がとても好きで………彼女に話しかける=客席に向かっている構図になるものだから我々は賀屋さんの彼女になっているのかと思いました。何言ってるんだ?映画館で映画見て喫茶店でお茶したい。
 加賀さんの目線の振り方と話し方が、絶妙な(角度によってはめんどうくささが際立つ)マニアの感じが出ていてすっごいな…と思いました。あと個人的に眼鏡姿の加賀さん新鮮だった。

企画「ミュージックステーション」担当:エル上田(エル・カブキ)+高野(きしたかの
 えむすてだった。(えむすて)上田タモリさんと高野アナのたたずまいが妙だった。高野さんはアシスタントのアナウンサー役なので女装(ボブのカツラにおかあさんみたいな柄のスカート)だったのですが、めちゃくちゃかわいくてものすごい凝視してしまった…。かわいい…。アナウンサー役だからなのか終始おしとやかに微笑う高野さん。かわいい。私ツイッターから通算何回かわいい言ってるんだろう。でもほんとにかわいかった。「ボケ側に回れるからって楽しんでんだろ」って言われてにこにこする高野アナ。かわいい。なぜか進行用台本がB6の大学ノート。
 どうやら今日の企画は詳細を他の出演者陣に伝えていなかったそうで、上田タモリさんと高野アナ、そしてトップバッターで歌う(?)アイドルあいなぷぅちゃん以外の出演者陣は困惑されておりました。明転して上田タモリ高野アナアイドルぷぅちゃん、ひな壇状態で揃っている他出演者が勢ぞろいしていたのを見た客席も困惑でした。
 アイドルぷぅちゃんに対して上田タモリさんが「えっちだね~」と言うたびに高野アナがいい笑顔で「えっちですね!」と返してたのがめちゃくちゃおもしろかったし高野アナかわいい。(かわいい落ち)
 
 アイドルぷぅちゃんがスタンバイのため袖に捌けているあいだ、上田タモリさんが終始雑に出演者陣をいじる流れに。あくまで「“ミュージック”ステーション」なので、芸人さん呼ぶときはその人に近い(?)アーティストで声かけていた。(賀屋さん=片桐仁ラーメンズ、大将さん=マキシマムザホルモン、芝さん=高橋ジョージ、しゅうごパークさん=BEGIN。しゅうごパークさんのBEGINについては相方のたーにーさんが「おれのほうがBEGINじゃない??」と仰っていた)
 ひとりひとり高野アナから地味な暴露話をされていたんですが、個人的に賀屋さんの「食い意地が張っているからお昼ごはん食べているときに夜ごはん何食べようか考えている」っていうエピソードがめちゃくちゃ……めちゃくちゃラヴ………。おいしいごはんたくさん召し上がっていてほしい。かが屋はほんとうにあたたかな布団でくるみたくなる……この感情はなに………
 高野アナからの暴露話が出るたびに上田タモリさんが「んなことない」と合いの手入れるのが鉄板になってました。んなことはあるんですけれども。

 わちゃわちゃしてる間にぷぅちゃんスタンバイ完了。曲が流れて一瞬だけアイドル会場に。ぎこちなく手拍子をする芸人さんたちと一部ノリノリな手拍子の客席。私はノリノリでした。アイドルかわいかった…。
 あいなぷぅちゃんが終わって次のアーティストへ。他だれがいるんだ…?とざわついた舞台上に出てきたのはゆんぼだんぷ仕様のともしげさんと岸さん。岸さんがめっ   ちゃくちゃ似てた。ご本人登場かと思った。いちばん芸人さんたちがはしゃいでいたのがなんかかわいかった…たのしそうなのはいいこと…
 「まるで鏡のような水面に雨の雫が一滴落ちる音」を再現してたんですが、奇跡的にちょこっと鳴った。鳴った瞬間大盛り上がりする舞台客席。めちゃくちゃ平和すぎる…ちょう平和だった…
 この2組でライラックブルーミュージックステーションは終了。絶対他では見られないMステだった。

エンディング
 エンディングはマセキライブの告知。7月30日に笑フェスあるよ~という告知と、8月11日にパーティーパーブルジュニアにかが屋あいなぷぅが出ます、の告知。来月のパーティーパープルジュニアは芸歴5周年のマセキ芸人を集めていろいろトークをするらしい。めちゃくちゃたのしみなのでチケット取りたいな…取りますけど…私の席はある。(言霊)
 あとこの日AbemaTVでやる「チャンスの時間」にきしたかのが出るから見てね、の告知もあった。高野さんのオフパコ映像が見られるとのことでした(ちがうけどちがくない)。番組見たけどおもしろかった~高野さん紳士でした。番組的には違う展開のほうが良かったのだろうけども、少なくとも私はあれを見てすてきだなと思った。
 そんなこんなでエンディングトークも終了。一度暗転するので客席明転するまでは座っててくださいね、と加賀さん。暗い間に立ったらどうなる?に対して賀屋さんが「こう、ピアノ線が張っているので、立ち上がると首とかスパーン!と切れます!」と仰ったんですが微妙な空気に。上田タモリさんの「んなことない」待ちだったんですがタモリさん発動せずに終わるという。めちゃくちゃぐだぐだだった。事務所ライブならではの自由さよ………あと冷静に考えてピアノ線で首スパーンってこわすぎるわ 賀屋さんこわい コナンの最初の事件のやつみたい

 アンケート出して本日はこのまま退散。ふだん見ているライブとはまた違う空気感で新鮮だった~企画めちゃくちゃおもしろかった…。
 受付をしてもらうときにふと受付表(予約番号と名前、目当ての芸人さんが書いてある)がちらっと見えてしまったんですが、目当ての芸人さんのとこに「かが屋」の名前がズッラァーーーーーーー書かれてて。いやほんとズッラァーーーーーーだった。かが屋すごいな……と実感。私もかが屋と選んだのですが。連続の「かが屋」って文字に思わずびくっとなってしまったという話でした。あと整理番号呼ばれ待ちのときにぼけーっとしてたら1階のエレベーターに乗り込む出番前のかが屋ふたりを見かけて思わずきょどったなど。加賀さん水持ってた…(どこ見てんだ…)出てくるぞ、って思っていない場面に出てこられるとめちゃくちゃびびりますね。新道さんとのトークライブもそうだった。中野ブロードウェイ内で何度もすれ違うかが屋………(賀屋さんに至っては思わず目を見てしまったのでわざわざ会釈していただいた)(たいへんもうしわけないありがたい…)あと出てきたわけではないけど、ベリベスで入場しようとしたら会場前で喫煙してる賀屋さん見たりだとか。たばこを!吸ってる!!とおもってそわそわしました。私は喫煙者がだいすきなので…………

 1時間半くらいで終わったので時間的にもありがたかった。ライブは見たいけれども週半ばだと帰りのことを気にしてしまうので…。新宿渋谷付近に住みたいなと思いつつも、一人暮らしを始めたら絶対にこのペースでお笑い(に限らずライブ舞台芝居)見に行けないなと。思うので。すたこらさっさと埼玉に帰ります。出演していたみなさんにとってもたのしかった夜であったらいいな。ライブ終わりはいつもそういうことを考えている。おつかれさまでした。